浄土宗の教え

浄土宗は法然上人が開いた宗派でございます。
法然上人は、阿弥陀仏の救いを心から信じ、
ひたすらに「南無阿弥陀仏」をお唱えすれば、
必ずすべての人が極楽浄土に往生できると説きました。

法然上人とは

法然上人は平安時代末期(1133年)に美作国(現在の岡山県)に生まれました。
時代は平安時代末期でありますがその時代は動乱の時代であります。
平安時代までの仏教は、国家や貴族中心の仏教でありましたが、
公家社会から武家社会に移るとともに、救いの対象も、
貴族だけではなく武士、民衆へ拡大していきます。
それはつまり修行をつんだりや布施ができる限られた方たちではなく、
すべての人が救われるという新しい仏教につながります。

法然上人は幼少期に比叡山にのぼり勉学し、
戎を守ることもできず修行も成就できない凡夫が救われる道を求めることに専念し、
あらゆる経典を探求しました。
そこで専修念仏に出会い、確信を持ち比叡山をおりて浄土宗を開きました。