お盆の迎え方

お盆は正式には「盂蘭盆(うらぼん)」といい、インドの「ウランバナ」という言葉を音写し「盂蘭盆(うらぼん)」となりました。
餓鬼道に落ちてしまった亡者のために仏事を営んでその苦しみを取り除くというのが本来の意味です。

日本では、古来の祖先崇拝が仏教の行事と結びつき全国的な広がりをみせました。
お盆は春秋のお彼岸とともによき国民的行事となっています。

帰省ラッシュで大変な方もいらっしゃいますが、ぜひこの機会にご先祖へのお参りをいたしましょう。