お仏壇の祀り方

お仏壇は、信仰の対象となる仏さまをお祀りし、礼拝・修行をするためのものです。
浄土宗ではご本尊の阿弥陀仏を中心にご先祖の位牌もお祀りします。
お仏壇は、阿弥陀さまとご先祖、そして現世に生きる私たちとの再会がかなう「極楽浄土」を模した、
大切な「場」となります。

毎日少しの時間でも、お仏壇の前でお念仏をお唱えし、
朝はご本尊とご先祖に一日の無事を祈り、
夕には感謝の思いを伝えましょう。
また常に清潔と整頓を心がけましょう。

ご本尊

浄土宗のご本尊は「阿弥陀仏」です。
坐像・立像・掛け軸に描かれたもの、いずれも結構です。

ご本尊はお仏壇の最上段中央に、
向かってその右側に脇侍である「観音菩薩」
左側に「勢至菩薩」をお祀りします。

両菩薩の代わりに、または両菩薩とともに右に「善導大師」
左に「法然上人」をお祀りすることもあります。

お仏壇の大きさによっては阿弥陀三尊あるいは阿弥陀仏のみでも結構です。

お位牌

葬儀の際の白木のお位牌は四十九日までの仮の位牌です。
その後、黒塗りまたは繰り出し位牌を作り、ご本尊の下の段にお祀りします。

三具足(みつぐそく)・仏具

ご供養に欠かせない香炉(線香立て)燭台(ろうそく台)花瓶をご用意ください。
燭台と花瓶を各一対にすると五具足(いつぐそく)になります。
供物をのせる高坏(たかつき)、りん、仏飯器、茶器も備えましょう。

場所・向き

居間や静かな座敷に安置しましょう。
極楽が西方にあることからご本尊が東向きになるのが理想です。
叶わない場合はどの向きでもかまいません。

購入・買い替え

お仏壇、お位牌、仏像など購入した際は開眼式(かいげんしき)【魂入れ・お性根入れ】の法要を行いますので菩提寺(遍照寺)に依頼してください。
また、不要になった場合は撥遣式(はっけんしき)【魂抜き、お性根抜き】の法要を行いますので菩提寺(遍照寺)に依頼してください。